低位株のポートフォリオ4月版 #3

image 0

皆さんこんばんは。双子父です。前回に引き続き3回目のポートフォリオ紹介です。以下本日2018/5/1のポートフォリオです。

東電は引き続き値を上げてます!ついにマイナス額が10,000円を切りました!今日は東電の話をするので詳しくはのちほど。。広島ガス相変わらず上がりきらんなあ。。大黒屋がプラマイゼロでプラスならず。みずほは若干値を下げましたがプラスは維持してます。セブン銀行と日本駐車場開発は据え置きですね。最近買った株ではエース格なので上ってほしいです。それでは今日も保有株の紹介をします。今日はみずほと東電と広島ガスです!

みずほフィナンシャルグループ

従業員5万人超えのメガバンクの一角。売上は3兆、利益も1兆に迫らんかの超大企業です。2017年度は利益が前年割れですが、リーマン以降の2009年から売上利益ともに右肩上がりで経営は順調に見えます。

以下株価です。

見事な横ばい株価ですね。。もう少し長いスパンで見てみます。

サブプライム後、株価が回復していないのが見て取れます。株価が低迷しているのは理由があるのでしょうが私にはなぜ上がらないのかが理解できません。。誰か教えてください。。2010年くらいから8年位横ばいですからね。PER9倍、PBR0.55倍とかなりの割安株ですし、配当利回りも3.82と高めなのになあ。。1,000円くらいまであがると見込んでいるので配当目当てで買い足す予定です。

東京電力ホールディングス

昔は安定株の代名詞だった電力株、しかしながら皆さんご存知の通り震災のあと株価が暴落、長い間低迷しています。一方で電力はインフラであり需要がなくなることはありません。そう考えるといつか株価は上昇すると考えるのが自然であり、低迷している今こそ買いどきなのかもしれません。という考えで東電株仕込んでいきたいと思っています!

2012年の売上高は5兆3000億ほど、2015年には6兆8000億まで増加、その後2017年は2012年の水準まで売上を落としましたが、2018年は売上と共に経常利益が前期比12%増で2年ぶりの増益でした。以下株価です。

アベノミクス効果で2015年は右肩上がり、しかし2016年の世界的な株価暴落でまた昔の水準に戻ってしまっています。それからはずっと横ばいでしたが、2018年の経常利益の増加を好材料を受け、ここ1ヶ月は結構な勢いで株価が上昇してますね。ただ配当はまだ復活していません。。まだかなー。この勢いが続けば、800円-1000円あたりは硬そうです。最終的には2000円位まであがることを見込んでます。

実はこの東電株、2015年あたりの山の頂上で高値掴みしていまして、最近400円台で買い足しました。あと100株かうかどうか迷ってます。。でも上がり続けそうだな。。タイミングが難しいです。

広島ガス

広島県内の7市4町にガスを供給するガス事業の企業です。従業員は1500名ほど、売上高は800億前後です。ガスも電力と同じくインフラです。業績も安定しており、株価は右肩上がり、競合は無く、PER10.64倍、PBR0.54倍と各種指標値も良好です。これは買いでしょう。。と思っていましたが売上見てみてびっくり。。。

ここ数年右肩下がりでした(泣)。ただし、2018年は利益は減るものの売上は改善する見込みのようです。決算が楽しみです。利益減るから変動無いかな。。株価です。

ずっと上昇傾向ですね。アベノミクス効果で500円まで値をあげているので、そのポテンシャルはあるのかと。ここ最近はちょっと足踏みしていますが、今年中に500円まで上がらないかな。。

まとめ

今回は超大企業とインフラ系をご紹介しました。基盤が安定している企業が低位にいる場合は中長期的にみると投資のチャンスだと思われます(私個人の意見ですが)。数年後どうなってるかな。。つぎのポートフォリオは一ヶ月後です。予定通りプラスが出てればよいのだけど。。それではまた!

(300記事まであと294)

にほんブログ村 株ブログへ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です