将来の大化け候補!?低位株6選 #2

image 1

こんばんは。双子父です。

前回の記事で紹介した「伊豆シャボテンリゾート」の株が早速3%ほど上昇しましたね。買っとけば良かったよ。。今日家に返って早速300株仕込むことにします。上がれー。次回の記事もご興味あれば。

それでは続きです。今回もいくつかお買い得な(と個人的に思っている)低位株をご紹介します。

エリアクエスト

2000年創業の不動産ソリューション事業などを行っている会社です。

メインの業務は不動産物件のオーナーへのテナントの紹介、その管理や契約更新の請負などの事業。都心の不動産好景気に乗ってか、業績利益とも右肩上がりの企業でです。つい2ヶ月前の2018年3月5日に株主優待の導入も有りました。QUOカードか食事券です。景気がいいですね。

業績の推移です。

定規で引っ張ったみたいな正比例の売上上昇棒グラフです。利益も右肩上がりですね。景気がいいなあ。2018年度も増収増益との予想です。オリンピックのある2020年までは不動産価格も上がり続けそうだし、それに伴い株価も上昇しそうです。

株価の推移です。

売上や利益の増加にともない株価も値を上げてきています。

2012年あたりは株価が12円ですね。。その時に買っていたらテンバガーならぬトゥエンティバガー、サーティーバガーも目指せそう。まあ、この時期に買うのはかなりのリスクだったと思いますが。

今現在が278円とこれまでの株価と比べると少し高めですね。決算に連動して株価が動かないようなので、一旦落ち着くのを待って買うのが良さそうです。今の時点での買いは高掴みの可能性があるのであまりおすすめしません。PERが23倍、PBRが約4倍と指数でみるとあまりよろしくないですし。

ただし、業績は安定している成長企業であることは間違いないので、今の高値が落ち着いたら買いだと思います。250円を切るくらいですかね。。

ゼット

ゼットは、スポート用品の製造から卸売、小売等々を手がけるスポーツ関連の企業です。

野球用品や登山・アウトドア用品などを手がけています。ゼオスという名前でスポーツクラブを持っているようですね。スポーツを軸に色々な事業を展開されています。

売上の推移です。

横ばいですね。。。2007年ごろからほぼ売上変わってません。2017年度は経常利益は3億ほどで微々たるもの。

2018年度は売上も利益もほぼ横ばいの予想です。ただ、2年連続で黒字はここ数年でなかったようなので、決算次第では、株価は期待できるかもしれません。以下株価の推移です。

上昇下降は繰り返していますが、長いスパンで見ると上昇トレンドにあることは間違いないようです。

配当も優待もあるのでそのあたりがじわじわと効いているのかも。今期も黒字であり、さらに次期、次々期と黒字が継続するようであれば、株価は右肩上がりに上がり続けそうです。

PERは16.34、PBRは 0.53で割安ではあります。ずは、今期、ちょっとリスクはありますが、黒字なら買っても大丈夫そうです。次期黒字を待つと割安感がなくなるかもですね。

まとめ

前回に引き続き、今日も低位株を2つご紹介しました。今回のはちょっと様子見のほうが良いかもですね。今日はここまでとなります。次回もご興味あれば。それではまた。。

(300記事まであと290)


にほんブログ村 株ブログへ

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です